はじめに

人生は迷い多き旅路です。時には暗闇に閉ざされながら、進まなくてはならない時もあります。

そんな我々に対し大いなる慈悲の光をもって、暗闇を破り歩むべき道を示して下さったのがお釈迦様です。

お釈迦様は八万四千という、莫大な法門を説かれたと伝えられています。その中でも、晩年の八ヵ年をかけ説かれた「法華経」こそがお釈迦様の真意であり、今の我々を導いてくださる御教えなのです。そして、日蓮大聖人はあらゆる深き闇をも裂き、全てを照らし出す朝日のような「法華経」の教えと功徳を「南無妙法蓮華経」の七文字に込め、我々に残して下さったのです。

世の中は楽しいことばかりではありません、辛いことや、悲しいことが沢山あります。でも、お題目を唱え、お題目の眼をもって見てみて下さい、全ての中に御仏の導きやメッセージが込められていることに気付くはずです。そして、全ての繋がりに気付いて下さい。きっと世の中は感謝で満ち溢れるはずです。 生きている我々も、旅立たれたご先祖様も皆共に、お題目の導きを頂き、安穏な空間で過ごしましょう。

当寺は皆様をお待ちしています。




ほうろく灸祈祷

 「土用丑の日」というと何を想像されますか?ほとんどの方は「鰻を食べる日」と答えられるでしょう。これは江戸時代に鰻屋さんが売れなくて困っている時、平賀源内さんに相談をしたところ「本日丑の日」という張り紙を店に貼りなさいと言われたのが発祥とも言われています。

 それよりももっと昔から「夏の土用丑の日」には「ほうろく灸祈祷」を行う習慣がありました。「ほうろく」という素焼きの皿を頭に乗せ、頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」というツボにお灸をすえます。古来より暑気払い・頭痛封じ・不眠・精神安定などに効果があるとされ、一年で一番暑い時期に行うことにより、夏バテ防止にも効果的です。お灸の力と加持祈祷(かじきとう)の力が合わさり、健康増進と開運吉祥(かいうんきっしょう)の功徳を頂けます。

 唱導寺では丑の日ではなく、下記の日程で行っていますので、お気軽にご参加ください。所要時間は約1時間です。

 7月18日(水) 午後1時
 7月29日(日) 午前11時/午後2時
 8月4日(土) 午後3時
 8月8日(水) 午前11時
 8月18日(土) 午後1時
 ほうろく祈祷料 1千円


焙烙

ほうろく灸祈祷パンフレット
(クリックすると別ウィンドウで開きます)


お問い合わせは唱導寺まで tel: 045-842-2955






お知らせ 「宿題てらこや IN しょうどうじ」

お寺で夏休みの宿題をやっちゃおう! 満員御礼。受付は終了しました。

開催日時7月31日(火) 10〜13時
12時まで勉強した後、
流しそうめんを食べて解散
開催場所唱導寺
横浜市港南区日野中央1-6-34
(日野立体交差点デニーズの上)
対象小学生・中学生 (先着30名まで)
参加費無料
お問合せ電子メール terakoya@shoudouji.sakura.ne.jp 
または 電話 045ー842−2955 まで。

      満員御礼
      poster_terakoya2017.jpg
クリックすると別ウィンドウが開き
参加要項が記載されています (0.5MB)。


宿題てらこや開催にあたり


 合掌
 皆さんこんにちは。唱導寺住職の菅野海應です。
本日は当HPをご覧いただきありがとうございます。
 さて、本年も唱導寺を会場とし「宿題てらこや」を開催いたします。夏休みは子供たちにとってとても楽しみな期間です。でも、その中にあって悩みの種は宿題です。私も小学生の頃は「なんで夏休みには宿題があるのだろうか・・・」「宿題さえなかったらもっと楽しいのに・・・」などと思っていたものでした。
 夏休みに入って、直ぐに宿題に取り掛かれる子供もいれば、夏休みの終わり間近になりようやく宿題を始める子供もいます。私は恥ずかしながら完全に後者でしたが、皆さんはどうでしょう?
 お寺というのは本来学びの場ですし、不思議と集中しやすい場所なんですよね。そんな、いつもと違う雰囲気の中で行えば宿題も少しは楽しく?できるのではないでしょうか。とは言っても一人でやっていたのでは分からない問題もあるでしょうから、今回は高校生のお兄さんやお姉さんたちに勉強を見てもらいます。
 今回、勉強のサポートをしてくれるのは「横浜隼人中学・高等学校ボランティア同好会」の皆さんです。
 午前中の2時間集中して宿題をして、正午からは夏らしく「流しそうめん」を用意しますので、最後は楽しみながらお昼ごはんを食べて解散しましょう。宿題てらこやの参加者のなかに、小さな弟さんや妹さんがいらっしゃったら、是非流しそうめんにご参加ください。
 なにか不明なことがありましたら、お気軽に住職までお問い合わせください。
 皆さんにお会いできることを楽しみにしております。
再拝

唱導寺住職 菅野海應





平成30年 (2018年) 唱導寺行事予定


1月 癸丑 六白金星

2日(火)大荒行堂新春祈祷
6日(土)耕心道場(午後3時)
8日(月)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(木)御守護神祭(午後1時)
21日(日)日蓮宗総本山身延山久遠寺初参り
 (午前7時出発)
29日(月)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】
小寒:1月5日 18時49分
土用入り:1月17日 13時27分

2月 甲寅 五黄土星

3日(土)耕心道場(午後3時)
4日(日) 厄除け祈祷会(午後2時)
8日(木)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(日)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
【暦】立春:2月4日 06時28分
【聖日】釈尊涅槃会:2月15日
宗祖降誕会:2月16日 貞応元年(1222年)

3月 乙卯 四緑木星

3日(土)耕心道場(午後3時)
8日(木)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(日)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
21日(祝)春季彼岸供養会(午後1時)
29日(木)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】啓蟄:3月6日 00時28分

4月 丙辰 三碧木星

7日(土)耕心道場(午後3時)
8日(日)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(水)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(日)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】清明:4月5日 05時13分
土用入り:4月17日 10時34分
【聖日】釈尊降誕会:4月8日
立教開宗会:4月28日 建長5年(1253年)日蓮聖人32歳

5月 丁巳 二黒土星

5日(土)耕心道場(午後3時)
8日(火)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
12日(土) - 13日(日)霊山七面山参詣
18日(金)御守護神祭(午後1時)
29日(火)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】立夏:5月5日 22時25分
【聖日】伊豆法難会:5月12日 弘長元年(1261年)日蓮聖人40歳

6月 戊午 一白水星

2日(土)耕心道場(午後3時)
8日(金)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(月)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(金)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】芒種:6月6日 02時29分

7月 己未 九紫火星

7日(土)耕心道場(午後3時)
8日(日)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
12日(木)盂蘭盆施餓鬼供養会(午前11時・午後1時)
18日(水)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(日)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】小暑:7月7日 12時42分
土用入り:7月20日 02時34分

8月 庚申 八白土星

4日(土)耕心道場(午後3時)
8日(水)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(土)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(水)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】立秋:8月7日 22時31分
【聖日】松葉谷法難会:8月27日 文応元年(1260年)日蓮聖人39歳

9月 辛酉 七赤金星

1日(土)耕心道場(午後3時)
8日(土)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(火)御守護神祭(午後1時)
23日(祝)秋季彼岸供養会(午後1時)
29日(土)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】白露:9月8日 01時30分
【聖日】龍口法難会:9月12日 文永8年(1271年)日蓮聖人50歳

10月 壬戌 六白金星

6日(土)耕心道場(午後3時)
8日(月)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
14日(日)日蓮大聖人報恩会式(午前11時)
18日(木)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(月)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】寒露:10月8日 17時15分
土用入り:10月20日 19時58分
【聖日】佐渡法難会:10月10日 文永8年(1271年)日蓮聖人50歳
ご入滅:10月13日 弘安5年(1282年)日蓮聖人61歳

11月 癸亥 五黄土星

3日(土)耕心道場(午後3時)
8日(木)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(日)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
29日(木)祈祷会(午前11時・午後2時)
【暦】立冬:11月8日 20時32分
【聖日】小松原法難会:11月11日 文永元年(1264年)日蓮聖人43歳

12月 甲子 四緑木星

1日(土)耕心道場(午後3時)
8日(土)祈祷会(午前11時)
施餓鬼供養会(午後2時)
18日(火)慈母観世音菩薩例祭(午後1時)
23日(祝) 大洗供養(午後2時)
【暦】大雪:12月7日 13時26分
冬至:12月22日 07時23分
【聖日】釈尊成道会:12月8日


月参りの皆様には、毎月の御守護を頂く「倶生霊神守護札」を授与しております。

個人的なご供養・ご祈祷・各種相談・方位鑑定等は予約制にて行っております。





唱導寺だより


お寺はお葬式や法事をするだけの場所でしょ?
いえいえ違います! お寺はけっこう色々やっています。
ご縁をいただいた皆さまにもっとお寺のことを知ってもらいたくて
発刊しております。ぜひご愛読ください。

letter01_20170521.jpg
クリックすると別ウィンドウで開きます(7.5MB)。





延宝山(えんぽうざん) 唱導寺(しょうどうじ) 縁起

 江戸時代中期に、日蓮宗の学僧であった妙心院日迅(みょうしんいんにちじん)上人が、現在の茅ヶ崎市浜之郷に唱導庵(しょうどうあん)という布教所を造られたのが当寺の始まりです。

 昭和30年に現在の地に移転し、法華経流布(ほけきょうるふ)の為の小さなお堂を建て、「月山教会(がっさんきょうかい)」と名乗り、同信の方々の集う所となりました。当寺の歴代住職は日蓮宗祈祷の免許皆伝者であり、祈祷修法(きとうしゅほう)を中心に布教活動に努め次第に規模も拡張し、昭和42年7月28日に「延宝山 唱導寺」と改め現在に至っています。

 当寺は、「昭和の歌姫」と称された美空ひばりさん(故 加藤和枝 平成元年6月24日寂 慈唱院美空日和清大姉(じしょういんみそらにちわせいたいし))の菩提寺でもあり、現在も加藤家のご供養をさせていただいております。

 当寺の規模は大きくはありませんが、檀徒と信徒の隔てなく御題目を唱える方々のお寺としてこれからも有り続けたいと考えております。












アクセス

 横浜市港南区日野中央 1-6-34
 tel: 045-842-2955
 fax: 045-841-9600




外部リンク

日蓮宗ポータルサイト

日蓮宗ポータルサイト


日蓮宗全国壇信徒協議会

日蓮宗新聞社


Hokke.TV

日蓮宗メールマガジンの登録



日蓮宗神奈川県第一部宗務所


全国日蓮宗青年会





唱導寺だより

letter02_20180603_side.jpg
第二号 平成30年6月


letter01_20170521_side.jpg
創刊号 平成29年6月